アンテナ工事を依頼する際は作業内容を確認する


共同受信アンテナをスムーズに設置

共同受信のアンテナを設置するなら、基本的な流れを覚えておくと工事をスムーズに進めることができます。

アンテナ設置までの流れ

設置場所を考える

地デジ対応アンテナを設置する際はまず業者の方に相談を行ない、アンテナの設置場所や視聴するチャンネルを事前に決めておく必要があります。

施工費用の確認

しっかりと設置内容を決めたら次は自宅の状態を確認してもらい、業者から提示された見積書を見て施工費用などをチェックしておくのが最適です。この時点で施工費用や工事内容が予目的に合わない場合は、再度プランを見直して最適な工事を考えます。

工事のお知らせを告知

工事内容に納得した後は入居者向けに工事告知を実施し、入居者の方との間でトラブルが発生しないように対処した後に工事を実施します。きちんとした技術力を持った業者に施工を依頼しておけば、どのような住宅でもしっかりとアンテナ設置を完了させることが可能です。

作業内容の再確認と保証の設定

工事後はアンテナ設置が完了したことを報告し、保証書とアフターフォローの用意をすることで全ての作業は完了です。保証期間の間であれば、万が一アンテナ設備が破損してしまっても新しい物へと設備を交換することができます。

アンテナの設置工事で使われている部材

アンテナの設置作業に使われている部材には豊富な種類が存在しており、いろいろなメーカー製がこうした部材を販売しています。よく利用されているのはアンテナ本体とブースターであり、工事の内容によっては混合器や分配器などを使用することが可能です。他にも支線アンカーやサイドベースなどの部品も存在していますが、使用する部材の数が増えるとその分施工費用も増えてしまうので注意しましょう。工事を行なう際は、前もって業者に予算を伝えておくのが最適です。

TOPボタン