アンテナ工事を実施した後は定期点検を行なわなければいけません


共同受信アンテナを長持ちさせる

共同受信アンテナは長年利用していると老朽化が進み、事故や故障などを発生させてしまう可能性が高いです。アンテナを長期間使い続けるためにも、アンテナの設置工事を行なった後は定期的なメンテナンスを実施しましょう。

共同受信アンテナに生じるトラブルの原因

  • 積雪や鳥がとまるなどの現象によって、アンテナに破損や折れが発生する
  • 台風などの強烈な風でアンテナの向きが変わってしまう
  • 落雷の衝撃によって電源装置のヒューズが壊れる
  • 風の影響や木々の成長によってケーブルの中に亀裂が生じ、漏電や接続不良などが発生する
  • ネズミなどの生物がアンテナケーブルをかじることにより、通信が切断されてしまう
  • 風や温度変化によって生じるコネクターの接続不良
  • 分配器やテレビコンセントが接触不良を起こし、電波の受信ができなくなる

定期メンテナンスが重要

アンテナ設備を大切に使い続けていきたい場合は、テレビ共同受信システムの点検を年に一回から二回程実施するのが適切です。定期点検を実施する際はまずアンテナやケーブルの外観点検を実施し、そのあと電気的な性能点検を実施します。点検が完了した後はアンテナの性能維持を図るために調整や補修を実施し、物件の所有者に現状報告を行なうのが一般的です。きちんとした施工を実施しておけば、設備の補修や修理にかかる費用や時間を最小限に抑えることができます。自宅のアンテナ設備に故障が発生しないように、きちんと定期点検を実施して設備の状態をよく確認しておきましょう。きちんとした点検を実施しておくと、テレビやアンテナにトラブルが発生するリスクを低く抑えることができます。

TOPボタン